STORY


北軽井沢ミュージックホールについて

ブルックナーの交響曲が北軽井沢に響き渡ったのは、1968年(昭和43年)8月のことでした。斎藤秀雄さんの門下生、秋山和慶さんの指揮で、桐朋学園オーケストラによって『北軽井沢ミュージックホール』大ホールのこけらおとしが行われました。当時の日本では初めての音楽学生のための夏期合宿施設が本格的に始動したのです。すでに、前年には、分奏室などは完成していましたが、オーケストラが一堂に会して練習する、待望の大ホールが完成したのです。

『北軽井沢ミュージックホール』と名付けられたこの施設は、以来北軽井沢の音楽・文化環境を支える施設として、音楽を学ぶ学生や地域の人々に親しまれています。

  • hall_01
  • hall_02

最新情報

MHF2017_omote

ミュージックホールフェスティヴァル2017のご案内

北軽井沢ミュージックホールフェスティヴァル2017が8月4日からいよいよ始まります。 ポスターやチラシが北軽井沢の企業や店舗に配布されます。 公演プログラム

335
booknick_800

Book-Nick 2016 @ ミュージックホール

第7回 北軽井沢わくわくフェスタと同時開催 秋の森でピクニック気分で楽しむ古本市。 県内外の古本屋のほか、骨董屋、クラフト作家などが集まります。 ●場所:北軽井沢ミュージックホール ●問合せ:麦小舎  http://bo...

Continue reading →

131
2017年北軽井沢ミュージックホールフェスティヴァルの公演プログラムが決定しました!昨年より3公演増えた12公演で、皆さまをお迎えします。さわやかな高原の風にのせて美しい音楽が響く北軽の夏へ、お出かけください。 https://t.co/QDYmibe9gE
about 3か月 ago | @kitakaru_music